地元暮らしをちょっぴり楽しくするようなオリジナル情報なら、府中の地域情報サイト「まいぷれ」!
文字サイズ文字を小さくする文字を大きくする

府中の地域情報サイト「まいぷれ」府中市

季節を感じる

七小通りに咲く彼岸花

府中の巾着田?。車の通る道でチョツと見応えあります。

府中市内の甲州街道(西府町)にある熊野古墳神社交差点を北方向に行く道(七小通り)で、甲州街道より1kmほどの道の端に綺麗に咲いています。

 

彼岸花とフヨウ。彼岸花の学名は、ヒガンバナ科ヒガンバナ属の多年草である。別名曼珠沙華(マンジュシャゲ)とも言います。現在では毒のある花といわれますが、昭和の初め曼珠沙華は子供達の首飾りなど遊びの道具にしていました。花言葉は熱・独立・再開・あきらめ・悲しい思い出・思うはあなた一人・また会う日を楽しみとあります。

密集する彼岸花。

白い彼岸花。花言葉は「また会う日を楽しみに」、というものがあるようですが、「悲しい思い出」と言うのもあります。”白い色の彼岸花”のイメージでつけられたものかもしれません。

黄色の彼岸花(鍾馗水仙)とも言われる。花言葉は追想、深い思いやり、悲しい思い出と彼岸花らしい少し暗い感じのものから陽気、元気な心といった明るいものまで。
参照:季節を感じる 鍾馗水仙